お口から、 カラダのこと

Menu

元宝塚・真織由季さんと歯科医・坂本紗有見先生が語る“健康を守る秘訣”

  • #美容
  • #健康
  • #バクテリアセラピー
宝塚歌劇団で活躍し、現在はパフォーマーや魅せ方トータルプロデューサーとして活動する真織由季さんは、ストレスを抱えこみ心身に不調をきたした経験を経て、人一倍健康に気を使っているといいます。 そんな真織さんが、歯科医の坂本紗有見先生を訪ね、北欧生まれの新しい健康法「バクテリアセラピー」について聞きました。

人の全身は細菌の集合体「フローラ(菌叢)」に守られている

真織 日本人女性は便秘に悩む人が多いといわれますが、実は私もその1人です。昨年から腸について勉強を始め、腸の重要性を実感しました。腸は「第二の脳」とも呼ばれ、腸が不調になると全身に悪影響を及ぼすそうですね。

 

坂本 真織さんは、腸の健康を守っている菌のことや「腸内フローラ」という言葉は知っていますか?

 

真織 「腸内フローラ」は聞いたことがありますが、詳しいことは知りません。ぜひ、教えてください!

 

坂本 人間の体には約2kgもの細菌が存在していて、人の体は細菌で守られているんです。腸内に存在する菌叢(きんそう:菌の集合体)を「腸内フローラ」、肌の表面の菌叢を「肌フローラ」、そして口や鼻腔の菌叢を「口内フローラ」と呼んでいます。腸内には100兆個を超える菌が存在するんですよ。

生きた善玉菌を使った健康法「バクテリアセラピー」

真織  「善玉菌」とか「悪玉菌」という言葉もよく耳にしますが、必ずしも体にいい菌ばかりではないんですよね。

 

坂本 そのとおりです。体内の菌は、人の健康に有益な働きをする善玉菌、病気や不調などの原因になる悪玉菌、肺炎菌やブドウ球菌のような日和見菌の3つに分類されます。

 

これらがうまくバランスをとって「共存共栄」しながら全身を守っていますが、免疫が弱まると日和見菌が増えて悪玉化し、健康をむしばむ原因になります。

 

例えば、「口内フローラ」の理想的な細菌バランスは、善玉菌10に対して悪玉菌1。口内の健康を守るためには、悪玉菌の10倍もの善玉菌が必要といわれています。

 

そこで、悪玉菌を抑えて善玉菌を増やすために、乳酸菌やビフィズス菌などの「プロバイオティクス(健康に有益な生きた菌)」を摂取する手法が注目されています。

 

このプロバイオティクスを習慣的に十分な量を摂取して、体内の菌バランスを整えて健康を維持する健康法のことを、「バクテリアセラピー」といいます。北欧で生まれ、100以上の国で活用されている、今注目の予防医療技術の考え方なんですよ。

  • 全身の健康のためには口内フローラをいい状態に保つことが大切

    坂本 私は歯科医の立場で菌に着目していますが、腸と同じ、もしくはそれ以上に全身の健康に影響するのが「口内フローラ」です。

     

    口、胃、腸などの体の器官は医学的には「消化器」と呼ばれ、直結しています。口腔内のフローラが乱れていると、腸内フローラも乱れていることが多いんです。

    「病は口からやってくる」なんてこともいわれているように、全身の入口である口の中の「菌質」は、全身の菌質を大きく左右するんですね。

     

    真織 確かに、体に入るものは基本的に口から入るので、そこに悪玉菌が繁殖していたら全身に回ってしまいますね。口臭予防や美しい笑顔のためだけでなく、健康のためには口の中のフローラをいい状態に保つことが大切だといえますね。

    お口のお手入れには“三種の神器”を

    坂本 オーラルケアは、歯科医院でのお手入れと、家で行うセルフケアの2本立てが基本です。私は3~4カ月に一度、スタッフに歯の掃除をしてもらい、毎日の歯磨きには、歯ブラシ、歯間ブラシ、フロス(糸)と何種類かの歯磨き粉を使っています。

     

    真織 私も、夜は湯船の中で10分くらいかけて歯を磨きます。歯ブラシを3本使い、歯間ブラシもサイズ別に3~4種類、もちろんフロスも使って、夜は舌まで磨いてます。歯の定期健診も2カ月に1回、行っています。

     

    坂本 「歯科医院での手入れ」「セルフケア」に加えて、今私が注目しているのは、「優秀なプロバイオティクスの摂取」です。

     

    この3つを、私は“お口のお手入れの三種の神器”と呼んでいます。優秀なプロバイオティクスは口腔内や腸の悪玉菌を抑え、菌のバランスを整えてくれます。その継続が全身の健康維持につながるんですよ。

  • 対談者プロフィール

    真織由季(まおり・ゆき)
    パフォーマー/魅せ方トータルプロデューサー
    1967年神奈川県生まれ。元宝塚歌劇団男役スター。代表作に『ベルサイユのバラ』のオスカルなど。退団後はミュージカルやテレビドラマに出演。現在は、ストレスケアカウンセラーとして授業やカウンセリングの実施、頑張る女性を応援する「魅せる」を学ぶトータルレッスンの他、コンサートやライブ活動にも力を入れている。

     

    坂本紗有見(さかもと・さゆみ)
    銀座並木通り さゆみ矯正歯科デンタルクリニック81 院長
    1961年北海道生まれ。東京歯科大学卒業。3児の母ならではの視点で丁寧なケアや治療にあたっている。日本美口協会代表理事、日本アンチエイジング歯科学会常任理事。日本成人矯正歯科学会常務理事、日本矯正歯科学会認定医、日本歯周病学会会員、日本歯科審美学会会員ほか。

     

    取材・文/加納美紀 写真/鈴木愛子
    日経ARIA 2020年5月1日掲載より転載