お口から、 カラダのこと

Menu

優れた善玉菌の摂取で体内菌をコントロールする北欧発の健康法とは?

  • #口内フローラ
  • #健康
  • #バクテリアセラピー
近年、善玉菌の働きを活かし、全身の健康を整える「バクテリアセラピー」という健康法に注目が集まっています。 特に、人体の中で重要なバクテリアの住処である「口」について、バクテリアのバランスを整えることは、全身の健康のためにもとても重要です。

私はそのような観点で、保健医学・歯学部の主任教授、および小児歯科専門医として、多くの患者様や研究に携わってきました。

今回は、口腔の専門家の立場から「バクテリアセラピー」についてご紹介します。
※このコラムはスヴァンテ・ツェットマン博士の講演内容を、日本語に訳してまとめたものです。

体内のバクテリアバランスと多様性維持が健康にとって大切な理由

健康のために体内のバクテリアのバランスと多様性を維持することは、とても大切です。

 

普段あまり意識することのないバクテリアの生態や、よくある誤解についてご紹介します。

 

殺菌だけでは健康は維持できない

すでに広く知られているように、バクテリア(細菌)にはさまざまな種類があり、大きく善玉菌と悪玉菌に分類されます。

 

また、善玉菌を増やすことと、善玉菌と悪玉菌のバランスを取ることが重要であると言われています。

 

一方で、あまり知られていない重要な点として、あまりにバクテリアの量が少なくても病気になってしまう、ということが挙げられます。

 

つまり、悪玉菌を減らそうと無理に殺菌してしまうと、一緒に善玉菌をも減らしてしまい、むしろ逆効果になる可能性があるのです。あくまでも善玉菌と悪玉菌のバランスを取ることが重要となります。

 

多様なバクテリアが集まって形成するバイオフィルム(フローラ)とは?

自然界では、いろいろな種類のバクテリアがたくさん集まってコミュニティを形成し、共生しています。このバクテリアの共生状態の存在をバイオフィルムと呼びます。

 

よく耳にする「フローラ」は、細菌だけにフォーカスした表現です。一方で、「バイオフィルム」は、フローラとその周辺物質が合わさったネバネバのような、実際に存在する形のことを指します。

 

このバイオフィルムは自然界のありとあらゆるところに存在します。例えば、キッチンのネバネバのところから、下水にいたるまでです。

 

バイオフィルムは人体の中にも存在しており、大人一人あたり体内に2kgものバクテリアを持っています。そんな人体の中で、最も重要なバイオフィルムがある場所が口内と腸管内です。

 

バイオフィルムには個性がある

バイオフィルムには、以下の3つの特徴があります。

 

1)個性がある
2)変化する
3)多様性に富む

 

バイオフィルムの生え方は人によって異なり、ふわっと生えていたり密に生えていたりと大変ユニークです。また同じ人であっても、年齢の変化や食生活によりバイオフィルムは異なってきます。

 

このような特徴を持つバイオフィルムですが、健康のために覚えておくべき大切な二つのことがあります。

 

まず一つ目は、「バイオフィルムを構成する菌は多様性に富むべき」ということです。
二つ目が、「バランスが取れていることが重要」ということです。つまりホメオスタシス、共生、恒常性がある状態を保つことが大切なのです。
もし多様性が損なわれ、バランスが崩れてしまうと、体の不調、例えば虫歯や歯周病につながってしまう可能性があるため、注意が必要となります。

健康を保つためのバランスは善玉菌10対悪玉菌1が最適

 

ここまででご説明したように、バイオフィルムのバランスが崩れると、体の不調につながってしまいます。

例えば、人の1mgの歯垢の中には、地球上の全人口を超える数の微生物が入っています。健康を保つためには、善玉菌10対悪玉菌1のバランスが最適です。

 

しかし、そこで糖分を取りすぎると、バイオフィルムにストレスがかかり、善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れ、立場が逆転してしまうのです。その結果、むし歯ができてしまう可能性があります。バクテリアを考える上で重要なのは数ではなく、バランスなのです。

  • 欧米発の健康法「バクテリアセラピー」とは?

    ここまではバクテリアのバランスと多様性の大切さについて解説してきました。

     

    続いて、バクテリアのバランスと多様性をコントロールしていく方法をご紹介します。

     

    糖分を摂りすぎると虫歯になるように、バイオフィルムのバランスが崩れると体の不調につながってしまいます。このバイオフィルムの耐性や回復力は人によって異なります。

     

    そこで出てきた新しいコンセプトが、悪玉菌を殺すのではなく、口腔内のバクテリアをコントロールして健康を保つ「バクテリアセラピー」という考え方です。バイオフィルムをうまくコントロールすることで、バランスが崩れることに対する耐性を高めることができます。

     

    そのための具体的かつ一般的な方法としては、口腔内の衛生を保つ、唾液と酵素でお口の健康を保つ、フッ素入り歯磨きを使う、糖分やジュース類を控えるといったものが挙げられます。

     

    今回は新しいコンセプトであるバクテリアセラピーについて、さらに詳しく解説します。

    優れた善玉菌(プロバイオティクス)を摂取

    バクテリアセラピーとは、優れた善玉菌(プロバイオティクス)を摂取することによって、悪玉菌を抑えるという健康法です。より多くの善玉菌を住まわせることで、悪玉菌の住む場所を減らし、それにより、バクテリアのバランスを正常に保つことができます。

     

    プロバイオティクスというのは、人の身体に良い影響を与える微生物のことを言います。例えば、母乳に入っている乳酸桿菌(にゅうさんかんきん)や、腸に入っているビフィズス菌が挙げられます。

     

    プロバイオティクスの摂取が健康に与える影響についてはさまざまな研究がされており、実際、免疫の調整やバクテリアのバランスに良い影響を与えることなどがわかってきています。

     

  • バクテリアセラピーをどのように生活に取り入れる?

    口腔内のバクテリアをコントロールするための2つの方法

    口腔内のバクテリアをコントロールするためには、以下の2つの方法があります。

     

    ・乳製品から摂る
    ・錠剤、タブレットなどサプリメントで摂る

     

    乳製品なら、いろいろなミネラルなども同時に取ることができ、お子様にもとても良い方法です。サプリメントであればさっと飲むことができ、無理なく便利に取り入れることができます。いずれにせよ、少なくとも1週間に4日間、継続して摂取することが大切です。

    口腔内だけでなく、全身の健康につながるバクテリアセラピー

    バクテリアセラピーはお口だけをケアするという印象があるかもしれませんが、実はお口の中だけでなく、全身の健康につながっていくのです。

     

    プロバイオティクスを摂取すると、お口の中からバクテリアのバランスが健全な状態になっていきます。そうすると、ドミノ倒しのように、健康的な効果が続いていき、やがて全身の健康に結びついていきます。お口は体の入り口です。そのため、まずはお口からケアを行うことが重要なのです。

     

    では実際に、バクテリアセラピーにはどんな効果があるのでしょうか。実例や研究結果を見ていきましょう。

     

    まず北欧諸国では、優れたプロバイオティクスを含む牛乳の継続的な摂取によって、子どもの虫歯を約30パーセントも減らすことができたという調査結果があります。また、高齢になると唾液が減り、虫歯になりやすくなりますが、高齢者を対象にした調査でも乳酸桿菌を含む牛乳を摂取することで虫歯の進行を抑えられたという調査結果もあります。

     

    ただし、プロバイオティクスを取り入れることは従来からの科学的根拠のある療法に代わるものではなく、上乗せして行う健康法であるという認識は重要です。

     

    現在では抗生物質が効かない耐性菌が出てきているため、これからの時代は、抗生物質を使わないバクテリアセラピーのような健康法が大切で、これは世界的に実施されてきています。例えばヨーロッパでは、14カ国で健康的な食事のガイドラインの中にヨーグルトが含まれています。またEUの5カ国では実際に、プロバイオティクスのバクテリアの使用が推奨されているのです。

バクテリアのバランスの維持とバクテリアセラピーについてお伝えしてきましたが、最後にお伝えしたいのは「プロバイオティクスのコンセプトは未来を代表するものである」ということです。

やはり自然にあるものによって、私たちの健康を高め、維持することが大事です。
バクテリアを殺すということではなく、体内にあるバイオフィルムを良い状態にコントロールする考え方が、今後は重要であり、あるべき姿だと考えています。

特に口と腸は全身の健康に関わっており、積極的に善玉菌を取り入れることは重要です。ぜひ皆様の健康のためにお役立てください。

Svante Twetman

スヴァンテ・ツェットマン|Svante Twetman

歯学博士・小児歯科専門医

1974年スウェーデン王立カロリンスカ医科大学歯学部卒業、博士号取得。

デンマークコペンハーゲン大学保健医学・歯学部カリオロジー科主任教授、小児歯科専門医。主に小児および若年成人における健康及び疾患状態におけるバイオフィルムの役割、リスクアセスメント、そしてカリエス予防に焦点を当てた研究を行う。

250件以上の論文を執筆し、世界的に講演を行う。